アメリカ横断1日目 ニューヨークのアパートを出る。

一日目 コネチカット 5444マイルからの出発

アパートの部屋を片付けて、

大家のサミーさんの家を3時過ぎに出る。

2年以上住ませてもらっているのでちょっと寂しい。

でも旅に出ると思うと、とっても嬉しい。

ニューヨークのアパートを後に、ドライブを始める。

車の運転してこなかったら、ドキドキする。

「大丈夫かなぁ、、、」

それでも、何とか運転して、

さっそくコネチカットに入る。 天気はとてもいい。

それが青くて、雲が白い、全然特別じゃない事なのに、

すごい脳が喜んでいるのがわかる。

雰囲気からして、綺麗で大きい家が多い。

コネチカットは金持ちが多いな。

良い車、家、そして街並みがとてもきれい。

その中を爽快に走っていく。

しばらく運転して、

夕方になってきたので、

トラックストップで寝ようと思って目的地に行くが、

こんな田舎のトラックストップでトラックのの数が半端ない。

遠くの方までトラックの連なって、ミニチュアの様。

全然、車の入れる余裕はなく、トラックストップに泊まることは断念。

ちょうどその隣に、モーテルがあったので、泊まる。

75ドル(8000円)は高いな。

モーテル自体は良いのだけれど、

泊まっている人たちのガラの悪いこと。

車にいたずらされたり、レイプされそうな雰囲気だ。

何故か、じろじろ見られるし、2回から水が落ちてくる。

どういうこと?

友達いわく、「売春婦に間違えられたんじゃない?」と言われて

そうかもと思ったんです。

モーテルに女一人で泊まる事は、あまりないと思う。

日本ではないかもしれないですが、

モーテルで売春している人達は、結構いるんです。

そんなことは頭になかったので、

怖くて、ドアに椅子を置いたり、

ベットの横には携帯を置いて

いつでも警察に電話かけられるようにしました。

ドアに椅子を置いたら、

何かあった時に、時間が稼げるし

逃げる事も、叫ぶこともできると思って

ガッチリイスをドアに絡ませておきました。

夕ご飯は、ご飯を炊いて、魚の缶詰と

一緒です。これが結構おいしい。

疲れていたので、

その後は、ベットに入って寝る。

アメリカ横断48州 2日目は次に続きます。

フォローする!