ローマ法王 フランシスコに会う方法は沢山ある。こんな形で合うのも有りだ

ローマ法王 フランシスコとは誰ですか?

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王。(78)が13日、就任から2年を迎えた。庶民に寄り添う姿勢と改革への強い意気込みで人気を集めるが、冗談を交えた率直な発言や、慣習にとらわれない姿勢が、時に物議を醸す。格式や権威を重んじるローマ法王庁(バチカン)の官僚からは「何が起きるか分からない」と懸念する声もある。

これまでの法王にない気さくさは、教会と信者の距離を近づけた。バチカンのロンバルディ報道官は「人々は法王を近くに感じ、彼らと同じ言葉で語りかけていると感じている」と述べた。朝日新聞デジタルより

ローマ法王のアメリカ訪問の理由

ローマ法王 フランシスコがアメリカに来て、アメリカ中が歓迎ムード満載です。どこのニュースもローマ法王が何処に行って、誰とあったと連日のように放映しています。このアメリカ訪問には理由があります。

アメリカと急場の国交回復の為のアメリカ訪問です。ローマ法王 フランシスコがアメリカに来てオバマ大統領とバイデン副大統領が空港まで出迎えに来ると言う事は、本当に重大な問題の解決人が来たという所でしょう。アメリカとキューバの54年ぶりの国交復活の兆しが見えてきました。

そんなことはどうでもいいですよね。 私がローマ法王にどのようにしてあったか、ビデオを見て下さい。

YouTube Preview Image

フォローする!