アメリカは何でもデカい。 マンモスケーブ洞窟の距離は、東京から静岡まである。

アメリカは何でもデカい。 コーヒーのスモールサイズが日本のM,Lぐらいある。人もデカいし、道路もデカい。 気持ちもデカいかも。 小さい事には、あまり気にしない。

そのアメリカの国立公園。 マンモスケーブ洞窟群に行ってきました。

マンモス・ケーブ国立公園(マンモス・ケーブこくりつこうえん、Mammoth Cave National Park)とは、アメリカ合衆国ケンタッキー州中央部にあるアメリカ合衆国国立公園の1つであり、発見されたうちで、世界でもっとも長い洞窟群であるマンモス・ケーブを含む国立公園である。ウイキペディアより

マンモスケーブ国立公園 のサイトに飛びます。

マンモスケーブの大きさは、東京から静岡までの133キロある。

こんなに大きくても今だに発掘調査がされていて、続々と新しい洞窟が発見されています。

写真ではわかりずらいですが、大きい岩の群れを天井に見ながら、補導された道をツアーガイドに沿って進んでいきます。 沢山違う道がありますが、「絶対群れから離れないでください!」と注意事項があります。

洞窟に入ったら、触ってはいけないものがある

洞窟には、コウモリが住んでいます。映画で見ると大きくて人を襲って血を吸うイメージがありますが、こちらで見るコウモリは、本当にかわいいです。

親指くらいの大きさでちょこんと天井にぶら下っています。それがあまりに可愛いのですが、「触ってはいけない」というお達しがあります。それは、様々な病原体が寄生しているからです。 なので、コウモリを見つけてもみんなで遠巻きに写真を撮っているだけです。

洞窟ツアーは、2時間で14ドル(2000円前後)と良心的

ここは国立公園なので、ツアーが安いです。 シカゴのセグウェイツアーは、日本円で1万円ぐらいしましたから、此処のツアーの2000円は安く感じます。

ツアーガイドもいい感じ止まってくれて、ガイドをしてくれます。

ある時に、100年以上前のツアーを再現してくれました。ランプ1つだけでツアーです。そして明かりをすべて消して、どんな感じか体験させてくれました。真っ暗で何も見えません。その暗さの中、「会えてよかったよ、それじゃまた」と言って去っていくジョークを飛ばしてくれました。

IMG_20150823_143303439

マンモスケーブの予約からチケットを買って待ち合わせの場所に行くまで

マンモスケーブのビジターセンターでチケットを買います。オンラインでも買えます。人気のツアーは売り切れになってしまうので、オンラインで時間を確認して買った方が安心。ツアーは、全部で9個あり、時間も朝から夕方までのツアーもあります。私が参加したのは、ヒストリックツアーで初めての人達に人気のツアーです。

全員で100人のツアーになります。参加費は、14ドル(2000円前後)このツアーは、朝10時から午後3時まで4回開催されます。集合場所は、ビジターセンターの入り口の横にある広場です。
マンモスケーブのオンラインのチケットショップ

でこぼこな道を歩くので、スニーカー、汚れてもいい洋服で参加です。洞窟の中は泥道を歩きます。途中、とても狭いグネグネの道を背中を丸めて通るので、体力がいります。

夏に参加すると、涼しい中を歩けるのでお勧めです。 このツアーは、ケンタッキー州にくる機会があればお勧めです!

フォローする!