田舎はやっぱりいい! イレイン最高でした。 リタイアに最適な街。

メイン州から、オハイオ州までは、1581キロあるので、途中で休憩の

泊まりが入ります。そこで泊まったのが、skaneateles NY (スキニーアットリスト)という小さな町です。 小さい個人のお店がたくさん並んでいて、穏やかで心地よく

過ごせます。そこで、Airbnbを使って(旅行者の為のお部屋の斡旋サイト)イレインの

家にお邪魔させて頂きました。 8時間もの運転で体はボロボロだったのですが、

近所の湖まで散歩に出かけて帰ってきたら、イレインから「泳がない?」のお誘いが!!

湖を見ていた時に、泳ぎたいと思っていたので、「行きます!」と返事をして

水着をガッと掴んでイレインの車に乗り込みました。そこで湖のほとりについて、

カヌーで出発です。 初めての一人乗りカヌーでびっくり。 乗るのが大変なんです。

プラスチックのボードを抑えてもらって、やっと乗ることが出来ました。

漕ぐの結構力がいります。地中までカヌーで行ってそこから泳ぎです。

カヌーからエイッと降りて泳ごうとすると浅瀬で腰位しかありません。 これで安心して

泳ぐことが出来ました。 気持ちよかった!! 塩水ではないのでしょっぱく無い。

途中下車でよった街だったのに、こんなにもてなしてもらえるなんて。それも一泊なのに。

こんなにフレンドリーな人いないよ。 

幸せってこういう事なんだな。 人との触れ合いに飢えていたので、とても感激しました。

その後、街の人気のアイスクリームショップに行って、ドクターペッパーという此方では

人気の薬くさいドリンクに、ソフトクリームを入れてもらってイレインと食べました。

そこでイレインが話をしていた男性は、全市町でした。 そして、カヌーを借りた家は、

今の市長です。ニューヨークシティでは、(ここもアッパーニューヨークですが)隣に

住んでいる人さえも知らない事は、珍しくありません。

イレインいわく、この町は皆知り合い。 車にロックなんかかけたことない。 

犯罪が起こったことない街。などなど、こんな町に住みたい!!と思わせてくれる

ゆったりとした雰囲気でした。お年寄りも多く、リタイアには最適です。

たった一日の滞在でしたが、彼女が私にアドバイスをくれたのは、

「初対面の人でも話しかけなさい」

私の短所をどうしてわかったのだろう。

イレインありがとう。 最高の一日だったよ!!

フォローする!