アメリカ48州横断 2日目 鉄道王の家にお邪魔

アメリカ48州横断 2日目 ロードアイランド、マサチューセッツ

昨日のジロジロ見られて

危険なモーテルであまり眠れず、

モーテルの眠気覚ましのコーヒーをもらって、

朝の7時過ぎに出発する。

今日は、ロードアイランドのブレイカーズに行く。

ブレイカーズとは、合衆国屈指の大富豪

鉄道王のヴァンダービルト家の当主だった

コーネリア・ヴァンダービルト2世の

夏の別荘。(今は、一般に公開されている)

夏の別荘といっても、大豪邸のお城で

家を廻るだけでも結構な時間がかかる。

開園時間までは、

時間があったので、車の中で朝ご飯。

朝炊いたご飯とサバ缶で朝ご飯。うまい。

ご飯の後にトイレがしたくなったけど、

無かったので、外でおしっこしちゃった。

鉄道王のバンダービルドの家(サマーハウスか?)

イヤー、いや、あまりの豪華さにびっくり。

彫刻のすばらしさ、天井の高さ、

金をふんだんに使ったり、家の中に噴水が有ったり。

一番素晴らしいのは、眺めだろう。

目の前に海が広がっている。

それを広いバルコニーから見たが、素晴らしかった。

こんな家に住むのはいい感じだろう。

でも本人にしたらどうなのかな。

色々縛りもあるだろう。 女子だと。

いや、それにしても素晴らしい家だった。

これは見るべきだ。

この後は、待望のノーマンロックウエルのミュージアムへ。

美しい空が広がっている。

学割で10ドル(1100円)で入れた。8ドル(800円)割安。

オリジナルのペイントがあったら、

サタデーウイークの表紙がずらりと飾ってあったりした。

アトリエにも行ってみたが、シンプルなアトリエだった。

日本人形があった。日本に行ったことがあるそうだ。

世界中を回っていたみた。 絵の深みを増すために。

一番興味深かったのは、

彼がサタデーウイーク(アメリカの庶民の雑誌)

の表紙を書くまでの工程だ。

時には、100枚以上の写真を撮って、

顔も色々ねって、最終的にあの表紙になる。

 

 

何事も、努力の上でのあの素晴らしい作品だ。

私も精一杯アメリカ横断をしようと思った。

この後、マサチューセッツの家の泊まる。

初めてのAirbnb(民泊)だ。早くついて、2時間待ったが、

それでも待つだけあった家だった。

とにかく、おもてなしが素晴らしかった。

初日で初めてのAirbnbだがそれでも素晴らしい接待だった。

話を聞いてくれて、興味を持ってくれて、そして暖かかった。

手作りのスコーン、チョコレート、など、

こんな安い価格で止まって朝ご飯まで作ってくれて

本当にお金以上の接待をしてくれる。

もう、ぐっすり眠れた。何だろう、安心感だろうか。

一人旅には、この暖かさが染みた。

次の日も、休みなのに、私の為に早く起きてくれて、

朝ご飯を作ってくれた。

犬も猫もよかった。 泣きそうな自分がいた。

ありがとう、Zizi&Rick

フォローする!